就職サイト販売

自社会社説明会に誘導する為の母集団作り

就職サイト

昨今の就職市場をけん引しているのが、リクルート社の「リクナビ」と、マイナビ社の「マイナビ」。例年、それぞれ1万弱の企業情報が掲載されており、登録学生数も50万人超と就職希望学生の大半を網羅するメジャーサイトです。また、近年就職サイトは多様化傾向にあり、「体育会学生専門」や「理系学生専門」、「業界」「地域」に特化した専門サイトも多数存在しています。

尚、就職サイトは、「基本情報ページ」「採用情報ページ」から構成されていますが、メルマガやスカウトメールで直接学生に自社情報を届けることができたり、仕事の様子を記事にしたりと、「オプション機能」を利用する企業様も多数ございます。

就職サイトの構成

ちなみに、オプション機能は、大きく「発見系」と「動機形成系」に分かれ、前者は「如何にして掲載されている1万社の中から、自社を表示(検索でヒット)させるか?」をコンセプトに設計されており、不人気業界や認知度が低い企業、中小企業、採用人数が多い企業等の利用率が目立ちます。後者は「企業理解、魅力付け、動機形成」を重視する商品で、志望動機醸成に効果を発揮する為、企業規模、業界に限らず利用される機能となっています。

企業合同説明会

企業合同説明会が、年間を通じて掲載される就職サイトと大きく異なるのは、出展(参画)単位が1日毎という点です。その為、就職サイトのサブ的位置付けとして考えられることが多いようです。しかしながら、就職サイトでは埋もれがちな知名度の低い業界やベンチャー・中小企業にとっては、格好の出会いの場でもあり、短時間とは言え、直接学生と接触できることから、俗にいう不人気業界、中小企業、強い個性を持つ人事担当者がいる企業様に根強い人気があります。

ここでも商材を牽引するのは、リクルート社とマイコミ社ですが、その他にも、国の公的機関や地方新聞社が地場で開催する小規模な合同説明会や、通常とは真逆の人事担当者が学生ブースを訪問する「逆求人」と言われるユニークなマッチングイベントも存在します。
尚、販売した営業員がどこまでサポートしてくれるのかは重要なポイントとなり、ガイドブックに掲出する企業データの精査やブース装飾、開催日当日のフォロー等、営業員の知識、経験が効果に反映されやすい商材です。

合同企業説明会の開催時期とその目的
★Point
企業合同説明会は、時期と目的を留意して選択することで、より高い効果が期待できます。しかしながら、当日の運営、並びに取得した学生リストを「どう活用するか?」でその結果が大きく違ってきます。
  • 強み
  • 実績紹介
Copyright © 2012 Trend Innovation All Rights Reserved.